男性カウンセラーも女性カウンセラーも複数在籍

市川(千葉)のカウンセリングルームに在籍するカウンセラーの一覧です。男性カウンセラー女性カウンセラーもおります。カウンセリングは担当者制となりますので、担当者の曜日や時間帯をご確認ください。相談内容により男性女性等の希望がある場合には、初回予約時にご連絡ください。

牧野:代表カウンセラー(火~金の主に日中担当:男性)

臨床心理学修士。精神保健福祉士。産業カウンセラー。認知療法学会所属。
公共機関や精神障害者の福祉施設において、個人や企業の方を対象に、カウンセリング、心理検査、心理教育やSST、就労支援、リワーク(職場復帰)支援などに約10年従事。その後、千葉県内の医療機関で心理士として勤務する一方、東京・千葉地域におけるカウンセリング等の普及を目指し、認知行動療法カウンセリングルーム市川を設立する。認知行動療法をベースとしたカウンセリングのほか、うつ病等のリワークカウンセリング(職場復帰支援)、統合失調症の就労支援や心理療法などを特に専門としている。家庭では3児の父として子育て奮闘中。

田中:カウンセラー(主に月火金の日中~夕方担当:男性)

臨床心理学修士。臨床心理士。
当法人でのカウンセリングや心療内科での心理士としての勤務のほか、千葉県内を中心に家庭教師として障害児や不登校児などの学習と心理相談を行っている。大学卒業以来10年以上、幼稚園から大学まで様々な場所でドラマ・インプロという演劇遊びを使ったコミュニケーション授業を非常勤で行い、人間関係の学習と「ありのまま」の自分探しを促す活動に従事。また、高齢者施設でのQOLの向上を促す活動なども行い、小さい子どもから高齢者に至るまで、それぞれの発達と人生目標に合わせて心も頭も身体もバランスよく生活できるよう様々な活動に取り組んでいる。現在の趣味はインプロと卓球と箏。

坂本:カウンセラー(主に水曜の昼~夜担当:女性)

臨床心理学修士。臨床心理士。発達障害コミュニケーション初級指導者。
企業内技術士として新人教育や相談対応をしているなかで、ひとりひとり皆“親”があり、そして“子ども”であり、育ちの環境や経験が人の認知やレジリエンス(困難を克服する力)に大きく影響していることに興味を持ち、大学院にて臨床心理学を学ぶ。在学中より大学病院にて臨床経験を積み、卒業後は、ステップス認知行動療法カウンセリングルーム市川でのカウンセリングや精神科クリニックでのカウンセリングのほか、ACTすこやか子育て講座スタッフとしても活動中。

黒籔:カウンセラー(主に水、木の夕方~夜担当:女性)

臨床心理学修士。臨床心理士。
学生時代から人の心に興味をもち、大学で臨床心理学を専攻後、医大の臨床心理職研修生となる。薬だけではどうすることもできない、その人の生きにくさにアプローチする方法としてカウンセリングの力を実感して、この仕事を本気でやっていきたいと思い、精神科に勤務しながら大学院に進学。臨床心理士を取得し、その後、大人の相談の中でもその人の育ちを理解した上で相談にのっていくことの大切さを感じて、児童相談所に勤務。現在は、当法人のカウンセラーの他、地域の発達障害相談機関での相談員や、スクールカウンセラーとしても勤務している。

長谷川:カウンセラー(平日(主に木曜)の担当:女性)

臨床心理学修士。職場適応援助者(ジョブコーチ)。キャリアカウンセラー。認定プロコーチ。
20年以上一貫して外資系金融企業人事部に勤務し採用、教育、労務として従事する中、男女、文化、性別、障害のあるなし、など様々な人と関わる。人の心のひだや複雑さ、その多様性と可能性に深く魅せられ、キャリアを中心としてカウンセリング、ライフコーチングを実施する。人に寄り添える存在となりたく、臨床心理学を学ぶ。当カウンセリングルームでカウンセラー・ジョブコーチとして勤務するほか、コーチングの活動や、乗馬療法(ホースセラピー)の普及にも勤める。趣味は勉強を兼ねて始めた乗馬と15匹の犬と戯れながらのガーデニング。

佐々木:カウンセラー(金曜および日曜担当:女性)

臨床心理学修士。
プロフィール:準備中

鶴丸:カウンセラー(土曜日担当:女性)

臨床心理学修士。助産師。看護師。養護教諭。
総合病院にて助産師として長年勤務するなか、周産期の親子、婦人科疾患患者と関わり、多くの女性の悩みの相談をしてきた経験を持つ。その後さらに大学院にて臨床心理学を専門に学んでカウンセラーとなる。一般のカウンセリングのほか、子育て支援やこどものカウンセリングなどを行う。家庭では、3児の母として子育て中。

藤井:カウンセラー(土曜、火曜夜の担当:男性)

臨床心理学修士。臨床心理士。
6年間の大学生活において臨床心理学を学ぶ傍ら、公立中学部活動の外部指導者や民間スポーツ企業で監督・インストラクターを約10年務めた経験を持つ。現在は、スポーツ指導も続けながら、当法人でのカウンセリングや、精神科病院で心理面接・心理検査業務などに勤しんでいる。カウンセリングでは、気持ちに寄り添いながらじっくりとお話を聞かせていただく一方で、スポーツ指導により身につけたコーチング技法を必要に応じて取り入れている。

植田:カウンセラー(土曜、水曜の担当:女性)

臨床心理学修士。産業カウンセラー。
大学では外国語を専攻し、企業の海外営業部に勤務。退職後に数カ国において10余年の海外駐在、出産、育児を経験する。新しい文化、新しい環境、新しい人々に出会うことの楽しさと難しさを実感し、臨床心理学の道へ進む。心の傷がその人の人生を苦しくもさせ、また乗り越えることで強みにもなっていくということに気づき、成人の臨床をはじめ、子供、夫婦、家族など年齢・性別を問わない幅広い視野で、クライアントの心に寄り添う温かいカウンセリングを目指して取り組んでいる。職場の人間関係の相談やスポーツのメンタルコーチングの経験も持つ。

渡辺:カウンセラー(主に日曜、月曜担当:女性)

看護師。産業カウンセラー。ケアマネージャー。
総合病院にて看護師として30年近く勤務。人の痛みと丁寧に付き合いたい思いという思いから、訪問看護の仕事をするが、医療上の正解では対応しきれないコミュニケーションの問題にぶつかり、コーチング、カウンセリングなどを専門的に学び続けるようになる。その後、カウンセリングのスキルを看護の仕事の中で活かすだけでなく、カウンセラーとしても活動。現在は、当カウンセリングルームでのカウンセリングのほか、介護の悩みを抱える方へのセラピーを行ったり、成育歴からの親子の問題を解消するための支援も行っている。

過去に在籍していたカウンセラー